おススメの通貨ペアについて

初めてのFXに適した通貨ペアは?

ユーロの特徴について

海外で取引する場合

米国ではスイスフランと米ドルの組み合わせがよく利用されているようです。
しかし、日本の投資家の中ではあまり人気がありません。

ですが、スイスフランは世界的に見てもそれなりに取引がある通貨ペアです。
基本的には、避難的な通貨として扱われているようですが、大きなリスクを避けたいのであれば低金利ながらも何かあった時の為に持っておいても良いかもしれません。

海外で取引をしようと考えている場合には、スイスフランと相性の良い通貨は英ポンドと前の記事でも紹介したように、オセアニア通貨との組み合わせが良いでしょう。
それから、米ドルとユーロとも相性は良いです。
あと、FX業者選びも慎重にする事でリスクを避ける事が出来ます。

スイスフランの性格について

スイスは世界的に見ても中立の国であると同時に、金融国でもあります。
銀行は秘匿性が高く、世界中から富裕層のお金やワケありのお金が集まってきます。
独特の体制を持つスイスなので、前の記事でも紹介したように、一時的な避難用の通貨として買われる事が多いです。

基本的にスイスフランは、ユーロと高い連動性を持っています。
欧州で金融的な危機があった場合には、ユーロを売ってスイスフランを買う人が多いです。

スイスフランは、円と並ぶ低金利通貨としてもよく知られており高い利益狙いの投資家からは嫌煙されがちですが、短期間の投資家からはよく利用されています。
安全面から見れば持っていても良い通貨の一つであり、初心者にも安心して利用出来ると思います。


この記事をシェアする